銅 円板 25mm

電子部品の試作用として製作させていただきました。

加工上の傷は許される製品ですが、外径の公差が± 0.1ミリと少しだけ厳しめでした。

※通常は± 0.2ミリ程度で対応しています。

銅 円板 25mm

直径100ミリまでの公差を± 0.05ミリ程度まで対応することができますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

銅 円板 35mm

音声入力のためよう変更

銅の円板 直径35mmの加工を行いました。

今回の過去はレーザー加工を行いましたが外形の公差が厳しいためにいちど試作を作ってから本番に取り掛かりました。
銅 円板 35mm

高さは100分の5ミリでした。
通常± 0.5ミリの公差であれば問題なく加工ができます。

今回の加工は数個のみの加工だったので施策時間のコストが製品本体の価格に転嫁される形になっていますが
量産であればほとんど影響がなくなるのでコストに含めないで請求をさせていただいています。

当店では試作から量産まで常に対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。