銅板 加工

銅板を加工して電機機器に使用される部品を製作しました。

20220724085647153.jpg

円板以外にもこのような形状の部品を日々製作しています。

お気軽にお問い合わせください。

純銅板 販売

当店では純銅板を使用した製品の加工販売を行っています。

取り扱っている純銅板の規格などは以下の通りです。

■規格
C1100・・タフピッチ銅
C1020・・無酸素銅

■素材の形状
板(メーター板、小板)、フラットバー、丸パイプ、角パイプ

■対応可能な加工
タレパン、レーザー加工(CO2レーザー加工機、ファイバーレーザー加工機)、曲げ(ベンダー曲げ、ロール曲げ)、熔接(TIG溶接、ロウ付け)、タップ、皿もみなど。

上記の通り、様々な加工に対応しています。

お見積りも早急に行っています。

お気軽にお問い合わせください。

特価品 C1020(無酸素銅) 厚み0.5mm×直径25.2mm

C1020(無酸素銅) 厚み0.5mm×直径25.2mm
の特化販売を行なっています。

プレスで加工しましたので品質は安定しています。

表面は青ビニールが貼ってありますので無傷です。
※裏面はペーパーサンダー仕上です。

在庫数は65枚あります。

<価格>
65枚・・@100
50枚以上・・@110
40枚以上・・@150
30枚以上・・@190

申し訳ありません。
特価品ですので30枚以上でのご注文でお願いします。

上段のお見積りフォームよりご注文をお願いいたします。

銅 加工方法

当店では円板をはじめ銅板やパイプなどの加工を得意にしています。

対応できる加工の内容は様々ですが、主に下記の加工機を使っています。

■加工機
ファイバーレーザー加工、ベンダー、ボール盤、ジグソー、メタルソー、TIG溶接機、旋盤など

メッキも可能。

お気軽にお問い合わせください。

銅 20mm 円板

20220514125133448.jpg

銅板(C1100)の2ミリからファイバーレーザー加工機で20mmの円板を加工しました。

ファイバーレーザー加工機はタフピッチ銅(C1100)や無酸素銅(C1020)、真鍮、純アルミ(A1100)など光を反射しやすい性質の材料の切断も可能です。

レーザー加工機を主に使用しますので、丸以外にもお好きな形での加工が可能です。
曲げ加工や溶接も毎日行なっています。


お気軽にお問い合わせください。

真鍮 円板

このブログで紹介している円板のほとんどC1020やC1100といった
銅ですが真鍮の円板を製作することも可能です。

真鍮 円板

この円板は直径が250mmで厚みは2mmです。

加工はレーザー加工機でレーザーカットしましたので
外周部分や穴のところに追い抜き跡が無いので
見栄え良く仕上がりました。

ちなみに、銅と真鍮以外で円板が作成可能な材質は
鉄、ステンレス、アルミ、タンタルです。

お気軽にお問い合わせください♪

銅 円板 価格

銅の円板(円形プレート)の価格はお見積り依頼を頂いた後におおむね翌日までに返答させて頂きます。

見積りは下記の内容により決定させて頂いています。

■見積り価格
・材質
無酸素銅(C1020)もしくは
タフピッチ銅(C1100)
・板の厚み
・製作数量
・外径の大きさ
・穴の大きさ
・穴の数
・曲げや熔接の有無
・表面処理(メッキ・塗装)

■ご予算について
ご予算がある場合はご相談ください。
できる限りの対応をいたします。、

お気軽にお問い合わせください。

銅 円形プレート 30mm


銅板からレーザー加工で30mmの円形プレートを製作しました。

20220430084824602.jpg

厚みはいずれも1mmです。

当店では直径がら3mmていどから950㎜程度の円板を製作しております。

お気軽にお問い合わせください。

銅 円板 21mm

銅 円板 21mmのご注文2枚をお受けしました。

お急ぎということでしたので。。
すぐに材料を注文し、ご注文から3日目に発送することができました。
ちなみに、通常は材料の注文から入荷まで中1日がかかります。

銅 円板 21mm

■製品詳細
材質 銅(C1100)
加工機 ファイバーレーザー加工機
厚み2mm


余談ですが最近は道の材料の入手が若干厳しくなっており入手に時間がかかる場合もあります。
必ずこの日に必要と言うことがわかっている場合はお早めにお伝えいただけますと幸いです。